pro·gram 11「アルゴリズム その1」

lecturer
2013年3月3日
–>link

18:00〜21:00 ドリンクオーダーのみ
前三回では変数・関数・制御構造というプログラムの基本的な要素や文法構造を紹介しましたが、今回(から)はそれらを用いて実際にどのようなプログラムを組むことができるかを実践してみます。講座では、字句・構文が書かれたカードを組合せ、プログラムを組んでいきます。コンピューターは要りません。
実際にこうした講座でプログラミングを行うには会場備え付けのコンピューターを使うかラップトップを持参してもらうのが一般的ですが、この講座はコンピューターを揃える財政的余裕もなく、あるいは参加者に持参してもらっても環境が異なる上に十分なWiFi環境もないため、それを行うことができません。しかしこの逆境は、開発環境に捉われずにプログラムやアルゴリズムについて考えてみるには格好の機会かもしれません。
とはいえ、実際にコンピューター上でプログラムを始める際にも躓く点は多いですので、開発環境の整え方についても少しお話しします。

対象: プログラミングを全くやったことのない方。これからプログラムを使って何かやってみようと思ってる方。ちょっとやってみたけど「わかんないし!」と諦めてしまった人。話だけ聞いてみようという方。

実際的な質問がある方は、聞いていただければわかる範囲でお答えします(ネットワーク、サーバ系のことはほとんどわかりませんが)。

講師: 大田暁雄
http://esporre.net
1981年生。美術大学在学時にプログラミングを使った作品を制作し始め、徐々に仕事でも使うようになる。言語としてはC++、Objective-C、ActionScriptなどをよく使います。鈴木學氏のエレクトロニクス制作講座にも出没中。

【後記】
使わないと言いつつコンピューターを使いました。まあ、実際に動くと感動する、ということを伝えたくて。せっかく作ったけどカードはあんまり意味なかった。