博物図譜とデジタルアーカイブ: Rare books of Musashino Art University Museum & Library

Touch Panel Digital Archive Design, Web Design / C++ Development
2010年6月-
–>link

高解像度画像閲覧タッチパネルシステム。
専用スキャナでスキャンされた貴重な博物図譜の全頁画像を大画面(42 inch)タッチパネルインターフェースによって見せるシステム。「ページめくり」に代表されるような、紙メディアを模したページネーション・インターフェースとは一旦訣別し、コンピュータ上での書籍の見せ方を追求している。
第Ⅱ期・第Ⅲ期の航海記においては、収録されている図譜を航路図上の場所と関連づけて見ることが出来る機能を追加。
今後も機能は追加される予定。openFrameworks使用。

第 Ⅰ 期|2010年6月21日 [月]–8月7日 [土]
第 Ⅱ 期|2010年8月23日 [月]–10月25日 [月]
※但し8月30日[月]–9月4日 [土]は休館
第 Ⅲ 期| 2011年4月11日[月]–6月19日[日]
第 Ⅳ 期| 2011年10月17日[月]–12月24日[土]

主催|武蔵野美術大学美術館・図書館
共催|武蔵野美術大学造形研究センター
会場|武蔵野美術大学 図書館展示室 [入場無料]
開館時間|10:00-18:00 [土曜日は17:00まで]
休館日|日曜日・祝日
特別監修|荒俣宏(武蔵野美術大学客員教授)
監修|寺山祐策(武蔵野美術大学視覚伝達デザイン学科教授)
高解像度画像閲覧タッチパネルシステム開発|大田暁雄
企画・編集|寺山祐策  本庄美千代(武蔵野美術大学 美術館・図書館)  河野通義(武蔵野美術大学 美術館・図書館)
編集協力|藤沢彩里
グラフィックデザイン|谷田幸